浦内経済:東京新聞ハイのすべて2019

浦内競馬は、日本で最も人気のあるスポーツと競馬の賭博サイトの1つです。特定のレースに関するすべての統計を取得し、勝つ確率が最も高いと思う人に賭けます。私たちは毎日すべての競馬カップを紹介しています。小さなレースからメジャーカップまで、すべてが揃っています。

私たちが取り上げる人気のあるレースの1つは、東京新聞杯です。これは、4歳以上の馬のためのグレード3の競馬です。

東京新聞海

参加者全員が去年の2月に東京競馬場で芝を走りました。東京新聞ハイの最初の実行は1951年で、1984年以降グレード3のステータスを保持していました。

測定と賞品

東京新聞海は約8ハロンまたは1600メートルで測定されます。レースイベントの総額は、84,740,000円、つまり約737,000ドルです。優勝者の賞金は3900万円。このレースに出場するには、4歳以上である必要があります。レースは16人の参加者で構成されています。

2018年12月18日から、競合他社の候補者の推薦が始まりました。登録は無料で、参加者は要件を満たし、資格を満たすだけで済みました。参加者の最終発表は2019年1月31日でした。

レースの勝者

レースのチャンピオンは日本のサラブレッド競走馬であるインディチャンプでした。 2017年に新人として3レース優勝し、毎日ハイで3位を獲得した後、翌年には好調を見せていた。 2019年にはトップクラスのパフォーマーとされ、東京新聞ハイを受賞。

インディチャンプはノーザンファームが飼育しているダークベイホースです。それらは白い星と縞を表すロゴで日本で知られています。音無秀英氏のレース歴の中で訓練を受け、ノーザンファームオブシルクレーシングに所属。

東京競馬場

2月3日の東京競馬場で4歳から初走を開始。インディチャンプは、グレード3の東京新聞ハイの15ランナーフィールドに出場し、1,600メートル以上走る必要がありました。インディチャンプは福永裕一がドライブした。彼はインサイドレールでレースし、フィニッシュから200メートルのところでリードを奪う前に6位でストレートにフィニッシュしました。

インディチャンプはうまくブレークし、5位を獲得しました。馬の壁の後ろの初期のストレッチで苦労した後、4歳の馬は2つのハロンをねじ切り、最後のステップでペースセッターを追い越し、最初になりました。

レースの他の勝者

2位はレッドオルガで、フロントにまっすぐ進み、里野アレスが2、3歩遅れで2番手前にペースを上げています。彼はレース中のお気に入りの一人だった。クエスト卿は4位になり、レース中は耐久性を示しました。ロンドン塔が5位を獲得しました。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me