浦内京場:クイーンカップ 2019

クイーンエリザベス II カップ(別名クイーンカップ)は、 3 歳以上の馬のための条件で京都競馬場の日本レーシング協会が主催する競馬場です。

エリザベス 2 杯は、 1975 年の日本訪問を記念して 1976 年に設立されました。 日英友好関係を促進することを目的としたイベント。

クィーンカップは当初 2,400 メートルのレースとしてスタートしたが、 3 年前のフィルリーとマレスはレースに参加しているので、最終的には 2,200 メートル以上にまで縮小された。

この大会には注目すべきレーサーがいる。

このリストには、 2018 年優勝の Lys Gracieux 、 2013 年優勝の MeshoMambo 、 2010 年と 2011 年のスノーフェアリーのバックチャンピオンに戻る大和スカレットが含まれます。 2007 年には、 Groove を支持し、 2003 年と 2004 年には Mejiro Dober 、 1998 年と 1999 年には、 最後に、 1996 年にダンス・パートナーが参加しました。

しかし、今の男は 2019 年の女王カップのビクター、ラッキーライラック以外はありません。 ラッキー・ライラックは日本生まれのサラブレッド馬です。 この馬は松永幹雄の訓練を受け、日曜日レーシング株式会社が所有しているライラックス 15 のキャリアの中で 6 勝 6 placings を獲得しました。

レースのスタートでは、ラッキーライラックストル 2 位から強くスタートした。 しかし、他の競合他社は追いつくことができ、早い段階でリーダーになって合格しました。 そして Lucky Lilac は中間パックの柵に沿う 6 番目か 7 番目の位置で解決した。

フィールドが広がっていた最後のコーナーに入って、ライラックのジョッキー、クリストフ・ソミロンは、レースでの競争相手としての復帰を巧みに確信し、内をまっすぐに保ちました。

彼らは、激しいポールでレース好きな「愛するだけ」をピンで固定することができました。 そして、 100 メートルのマーカーでクロコミアに出くわし、 1 ¼ の長さの勝利に引き続いた。

最終結果では、ラッキー・ライラックが 2019 年のクイーンカップ・レースチャンピオンに輝いており、その後に‘クロコミア’が続いています 誰がスムーズにスタートでき、ほとんどの旅行で 2 〜 3 の長さの差を開けたので、プレッシャーのない中程度のペースを指示することができた。

3 位はレースの好み「愛するだけ」。である 最初は 11 番ゲートからの速度を保ちながら、前方のポジションを確保することができました。 フィールドが閉鎖してストレッチを入力したので、不潔なコーナーには、ラッキーライラックの利点を活用し、彼女の内部をオーバーテイクするには、スローされた。

その他の馬の場所

場所 馬の名前と番号
4th Centelleo (12)
5th Chrono Genesis (8)
6th Salacia (17)
7th Scarlet Colour (16)
8th Armeria Bloom (9)
9th Satono Garnet (13)
10th Frontier Queen (10)
11th Uranus Charm (4)
12th Gorgeous Lunch (14)
13th Reiho Romance (7)
14th Red Landini (18)
15th Shadow Divar (3)
16th Pont des Arts (5)
17th Miss Mamma Mia (15)
18th Bright Moon (1)

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me