安田記念2019について知っておきたいことがすべて

安田記念は、日本で最も尊敬されている競馬イベントの一つです。安田記念とも呼ばれるこの国際的なグレード1のサラブレッドレースは、日本の東京で開催されています。

このエキサイティングな競馬イベントは毎年6月に開催されます。ここでは、8ファールの距離を競走することが求められます。

参加できるのは3歳以上の馬だけです。安田記念は、1951年に故安田伊左衛門氏を記念して初めて開催されました。日本競走協会の創設委員長を務めた。1958年(昭和33年)に亡くなると、正式に「安田記念」と改称された。

1984年には正式に1級に格上げされた。数年後には国際的なグレード1のステータスを与えられた。今では、国内で最も期待されているイベントの一つであり、2005年にはアジアンマイルチャレンジの「最終レグ」となった。

2019年の安田記念ではインディチャンプが優勝。サラブレッドの競走馬で、ノーザンファームが繁殖させた白星と縞模様のダークベイホース。育成・調教は音無英孝氏が担当。

福永騎手とのコンビで1600mレースに出走した。本番では16頭立ての出走馬の中でF18.21/1という成績を残した。

福永騎手によると、「調子が良かったからこそ好走できた」とのこと。

調教も良く、調子も良かったし、引き分けも良かったので、休み明けを見逃さないように頑張りました。彼は前にいると気が散りがちなので、ペースを崩さないようにしていたんだ。熾烈な競争の中での対戦でしたが、私がミスをしなければ彼にはチャンスがあると信じていましたし、彼は確かに私たちの期待に見事に応えてくれました」と語った。

レース中にアーモンドアイズ、ペルシアンナイト、ケイアイノーティーク、モー娘アスコット、ステルヴィオを破った。

安田記念のレースの面白さ

ここでは、安田記念について知っておくべき楽しい事実をご紹介します。

このレースの優勝者には、1位入賞者に100万ドル相当の賞金が与えられます。さらに、4レースのアジアンマイルチャレンジの2つの脚で成功したレーサーには、さらに100万ドルのボーナスが与えられる。

オグリキャップとタイキシャトルは過去の優勝馬であり、名誉賞を受賞している。さらに、ゴドルフィン、ハートレイク、フェアリーキングプローンなどの海外馬もこのレースに参加しています。

うらない競馬」では、この他にも競馬に関するエキサイティングなニュースをお届けしています。今すぐ私たちのページに登録して、あなたのお気に入りの馬や日本のレースイベントに関する最新情報やコンテンツをすぐに受け取ることができます。また、インスタグラム、ツイッター、フェイスブックのソーシャルメディアページをフォローして、毎日の投稿をすぐに受け取ることができます。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me