浦内競馬:根岸ステークス2019のすべて

ウラナケイバは、日本を代表するパンター、ジョッキー、ホーストレーナー、コーチからの独占的な視点と眺めへのアクセスを提供することで、何千人ものレーシングファンやスポーツファンにサービスを提供するためにここにあります。

これらの経験を通して、私たちはオンライン賭博体験、特別な賭け角度、エッジング技術を改善するための知識と統計をパンターに提供することを目指しています。私たちのチームはあなたの経験を強化し、オンライン賭博パートナーを通じてより良いオンライン賭博体験を提供する新しい方法を探し続けます。

根岸ステークス

測定

根岸ステークスは、4歳以上のサラブレッドのためのグレード3の競馬です。このレースでは、毎年2月に東京競馬場で1,400メートルの距離を駆け抜けます。根岸ステークスの最初のランは1987年で、それ以来グレード3のステータスを保持しています。 1990年から2000年、そして2003年にも、このレースは当初1,200メートル以上走っていました。

根岸ステークスのシルクロードは約7ハロンで、その大きさは1,400メートルです。レースイベントの総額は81,880,000円、つまり約737,000ドルです。優勝者の賞金は3800万円。このレースに参加する馬は、4歳以上である必要があります。また、16頭の馬だけが参加できます。

2018年12月24日に競争相手の候補者が指名されました。登録は無料で、見た人は要件を提示して資格を満たすだけで済みました。参加者の最終リストは、2019年1月30日に発表されました。

レースの勝者

レース好きのコパノキッキングは、2019年の根岸ステークスで東京で2回目のG1優勝を果たし、芝とダートの両方のトラックでG1タイトルを獲得した5番目の馬になりました。

レースは、ユラノトとクイーンの土星がフィールドをリードするためにフロントに疾走することから始まりました。一方、Copano Kickingは2番目の勝者であるMoaninの後ろの中間位置にとどまりました。

6〜7位で直線に入った後、インサイドカーブから上がるとレースがシフトし始めた。コパーノ・キッキングは、ハロン・マーカーの前にユラノトからリードを奪い、ゴールラインを強力に駆け抜けた。

モアニンは広い屋台からうまく壊れて、クイーンの土星の後ろ1、2か所の真ん中に入った。ワンダーライダーは、ヤマニン・インプライムの外で、ノボ・バカラの後ろを2〜3往復しました。最後に、ワンダーライダーは5位に落ち着きましたが、最後の3ファーロングのペースが最速です。

根岸ステークス2019の勝者の最終的な注文は次のとおりです。

  • 1位:コパノキック
  • 2位:ゆらのと
  • 3位:クイーンズサターン
  • 4位:モアニン
  • 5位:ワンダーライダー
  • 6位:のぼバカラ
  • 7位:やまにんインプライム
  • 8日:Sunrise Nova
  • 9日:北さん三日月
  • 10日:Kelai Nautique
  • 11日:黒助
  • 12日:ラブブレット
  • 13日:マテーラスカイ
  • 14日:さとのファンタシー
  • 15日:名声歌手
  • 16日:レッドゲルニカ。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me