【皐月賞2016出走馬】サトノダイヤモンドに有力な九星サインはあるのか

シェアする

皐月賞出走予定のサトノダイヤモンドは、今回も勝てるのか?

3走負けなしで挑むこのレースは、簡単に勝てるレースではもちろんないのですが、この勢いを今回も保つことができるのでしょうか。

サトノダイヤモンドの九星サイン

2013年1月30日生まれのサトノダイヤモンドの九星は「6」です。

これは、レースの時間の好走できそうな数字になりましたので、やっぱりこの馬の運は、今すごく強くなっているのですね。

「6(六白金星)」は中庸(ちゅうよう)という数字なので、どの環境でもあわせて自分の力を発揮するという意味として使えます。

どんなレースの状態になったとしても、この馬の持っている柔軟性や流されない強さが際立つという解釈でいいでしょうか。

騎手や馬番で左右されるのか

騎乗してレースを引っ張る騎手や、その時の運そのものでもある馬番で影響は大きく出てくると思います。

騎手との相性

今回騎乗予定なのは、ルメール騎手ですね。

ルメール騎手の九星は「9」ですので、サトノダイヤモンドと同じく、レースの時間の好走しそうな数字になっています。

これは強烈なコンビになりましたね!

実力が一緒の馬たちとの勝負であれば、間違いなく有力な1着候補です。

いい馬番

このコンビにいい馬番は、3・6・9のつく馬番、これしかありませんね。

強烈な後押しの運気になりますので、ぜひ欲しい馬番です。

逆に、1・2・5のつく馬番だけは、せっかくのいい相性のコンビに邪魔が入ることになってしまいますので、絶対に避けたいですね。

さて、どの枠に入ることができるでしょうか。

レースの日と時間の九星は【皐月賞2016出走予定馬】リオンディーズに九星は味方するのか?の記事で書きましたのでご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク