【ニュージーランドT2016サイン】出走馬と騎手から軸馬を占う

シェアする

2016年4月9日(土)15:45出走予定、中山競馬場 芝1600m 16頭。

3着までの馬にNHKマイルカップの優先出走権が与えられるトライアル競走です。

ニュージーランドトロフィーの出走馬と騎手が決まりました。

馬と騎手の相性を見ながら、上位人気馬の勝ち馬サインを占っていきます。

ニュージーランドトロフィー 出走馬と騎乗騎手

出走馬と騎手、そして相性も見ておきます。

騎手 相性
アストラエンブレム 9 田辺 1 ×
エクラミレネール 9 北村宏 2
カープストリーマー 2 岩田 1
キャプテンペリー 9 大野 3
サーブルオール 4 柴山 4
ジュンザワールド 2 田中勝 6
ショウナンライズ 8 横山典 6
ストーミーシー 3 江田 3
ダノンスパーク 8 石橋 7
ダンツプリウス 9 丸山 2
ハレルヤボーイ 2 吉田豊 2
ボールライトニング 6 蛯名 9
マディディ 8 三浦 2
マテラアリオン 1 松岡 5
モンスターキング 2 石川裕 5
レインボーライン 4 内田 2

(敬称略)

相性の見方の解説

◆相生(そうじょう):好相性◎

好相性の騎手が騎乗することで、馬も動きやすくなる。

コース取りがうまくいったり、気分よく走れることで実力以上の力が出ることもある。

◆相剋(そうこく):よろしくない相性△

本来持っている力が十分に発揮できなかったり、妨害されたりする。

実力を発揮しづらい。

◆普通〇

良くも悪くもない。

相生 普通 相剋
1 1・4・7 3・6 2・5・8・9
2 2・5・8 6・7・9 1・3・4
3 3・6・9 1・4 2・5・7・8
4 1・4・7 3・9 2・5・6・8
5 2・5・8 6・7・9 1・3・4
6 3・6・9 1・2・5・7・8 4
7 1・4・7 2・5・6・8 3・9
8 2・5・8 6・7・9 1・3・4
9 3・6・9 2・4・5・8 1・7

(競馬用相性)

人気上位馬の相性から軸馬サインを占う

予想オッズから、人気上位になりそうな馬から軸サインを探して行きます。

1番人気 アストラエンブレム

2番人気 レインボーライン

3番人気 ダンツプリウス

4番人気 ボールライトニング

5番人気 サーブルオール

(ntetkeiba.comさまより)

アストラエンブレム×田辺騎手

アストラエンブレムの九星が「9」で田辺騎手の九星は「1」

これは相性としては最悪です。

九紫火星(9)は火、一白水星(1)は水です。

火と水でお互いを打ち消し合う相性になります。

これは、通常、軸にするのは恐ろしい…

しかも1番人気になるようなら、さらに軸にはできない。

ですが、馬番によっては、そして3番人気以下であれば、逆に凶運を味方にすることができるという難解な相性。

今の時点では判断しかねますが、馬番によっては軸検討。

レインボーライン×内田騎手

レインボーラインは「4」で内田騎手が「2」

これはいまいちな相性になりましたね。

相剋(そうこく)で邪魔しあうことになってしまいます。

これは軸には不向きですね。

ダンツプリウス×丸山騎手

ダンツプリウス「9」で丸山騎手が「2」

普通の相性。

上位2頭がなにかしら不安があるので、今のところはここが安泰。

ですが、インパクトがなく、なんとなく信じきれないところもあります。

軸にできそうだな、くらいで。

ボールライトニング×蛯名騎手

ボールライトニング「6」で蛯名騎手が「9」

これはいいですね。

レースの時間帯の数字にも当てはまりますし、実力以上の力を出し合える関係です。

馬番が決まるのが楽しみですね。

サーブルオール×柴山騎手

サーブルオールが「4」で柴山騎手も「4」

ここもかなりの好相性になりました。

日の数字に当てはまっていることで、安定はありますね。

柴山騎手はきっと1日通して調子がよさそうですね。

このレースに限ってみれば、ボールライトニングよりは印象薄。

ニュージーランドトロフィーで軸にできそうなのは…

馬番が決まる前に見た限りではありますが、軸にできそうだと思えるのは、ボールライトニング。

ですが、3・4・5番人気の勝率は0%でした。

3着内率でみれば20%ということですので、あくまでワイド・3連複の軸までですね。

ちなみに、1番人気の1着率は50%、連対率は60%、3着内率は70%でした。

おとなしく1番人気から流したほうが賢いのかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク